注文住宅のメリットとは何か?

間取りやデザインを自由に決められる

注文住宅は自由設計が魅力と言います。自由設計は施工主の思いを形にするもので、家の設計図を書きあげる時には施工主のイメージが図面に反映されます。
分譲住宅の家づくりは、家の設計図は販売会社が設計者に委託を行い作り上げます。設計図が完成すると間取り図が作りだされ、販売が開始されると言う流れになります。
間取りや家のデザインは全て完成しているので、図面やモデルルームを参考にして購入するか否かを決めるのが特徴です。
ここには家を購入する人の思いが反映されていないので、妥協しなければならない部分もあります。
これに対して注文住宅の場合、予算の中でこだわりを持つ家づくりが出来るため、満足出来る家づくりを行えると言うメリットや魅力があるのです。

設備も自由に決める事が出来ます

注文住宅では間取りや家のデザインなど、施工主が自由に決められると言う魅力があります。システムキッチンや浴室と言うのは注文住宅の中では自由に設備を選べると言うメリットがあります。浴室やキッチンにお金をかけたいと言う人が多いのですが、お風呂や台所は毎日使う場所であり、使い勝手などを考えてこだわりを持ちたい人が多いのです。
分譲住宅の場合には、備え付けられている設備を見て決める必要がありますが、注文住宅の場合はカタログの中から選ぶ方法、ショールームなどに出向いて実際の製品を見てから購入する事も可能です。
外壁などの使うサイディングについても、注文住宅の場合は自由な選択肢があるので、好みの外観を持つ家を作れます。